高値買取!お宝古銭はここがポイント

大判小判は金が素材ですが


大判・小判は古銭の代表とも言えますが、大判や小判は金が素材で出来ている貨幣です。
江戸時代と言う古い時代に流通されていたものであり、時代を経て現代にも数多くの大判・小判はありますが、状態に応じて価値が変わるのが古銭の特徴とも言えましょう。
金と言うのは磨き上げる事で光り輝く素材です。これは金のみならず銀貨や銅貨なども同じですが、古銭は古い時代に利用されていた貨幣であり、これを磨き上げてしまうと価値が暴落してしまうので注意が必要です。
銅貨等の場合は、金や銀とは違い緑青が湧いてしまう事も少なくありませんが、緑青が湧いているからと言って綺麗に磨き上げるのではなく、軽く汚れをふき取る感じで査定を受ける事がお勧めです。

類似している古銭の中にはプレミアがつくものも


日本初の貨幣と言われているのが和同開珎です。
中央に四角い形の穴が開いている事から穴銭と呼ばれていますが、和同開珎は和銅元年発行されたものです。
和同開珎が発行されてから、天徳2年までの間に発行された古銭を皇朝12銭と言いますが、12銭と言うのは金額ではなく12種類が在る事から皇朝12銭と呼んでいるのです。
和同開珎を初めとして、長年大寳、貞観永寳、乾元大宝等の種類があり、貨幣にはそれぞれの文字が刻まれているため、初心者でもその違いを知ることが出来ます。
しかし、同じ古銭でも書体の形がほんの少しだけ異なるものもあり、文字の跳ねあがり方などに応じて価値が異なるのだと言われています。
穴銭の種類は多岐にわたりますが、1000円前後の値段で取引が行われるものもあれば、数百万円もの価値を持つ古銭も含まれています。