まずは、持っている古銭のタイプをチェック

手持ちの古銭が価値のあるものか安いものかを調べる


古銭を売る場合の大前提として、額面以上で買い取ってもらえないと意味がないということが挙げられます。ただ、基本的にはいつの時代の、どのような古銭であっても買取価格が額面を下回ることはまずありません。というのは、現代と昔とで額面の価値がまったく違っているからです。たとえば、明治時代には一円金貨が存在していました。しかし、現代において一円を金貨で作るということはあり得ません。しかし、高く売れるか、それとも安い値段でしか売れないのかという差はあります。なので、ショップに持ち込む前に、手持ちの古銭の価値は高いのか、それとも安いのか、チェックしてみましょう。
まず、あまり高くならないのは明治から昭和にかけて大量に作られた硬貨です。一枚数十円から数百円といったところでしょう。ただ、金貨や銀貨であればもっと高くなります。

江戸時代の小判は価値の低いものでも数万円する


江戸時代に発行された古銭は、古いので一様に高いと思いがちですが、実際はそうでもありません。たとえば、寛永通宝の場合、大量に作られて現存数も多いので、よほど綺麗な状態でないと一枚持ち込んだだけでは値段がつかないこともあります。小判はさすがに別格で、江戸時代の最初の小判である慶長小判は100万円を超える値段がつくことが期待できます。ただ、一般家庭で見つかるような小判は、幕末近くに発行されたものがほとんどでしょう。こうしたものは金の割合が低く、数も多いので慶長小判ほどは高く買い取ってもらえません。それでも数万円から10万円を超える価格は期待できます。
一般家庭によくある古銭として、ほかにイベント時に発行された記念硬貨がありますが、売価が額面の数倍から10倍程度なので、買取価格はもう少し下がり、額面より少し多いぐらいになるでしょう。